Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

クラブ・セッティング考 (2)

アイアンの選択がキーポイントになる。

f0068901_055208.jpg


アイアンは一般的に約ロフトが17°〜48°(2〜Pw)のクラブである。もう今は2アイアンをバッグに入れていないので、自分が持っているのは3アイアン(20°)〜Pw(47°)になる。このクラブでカバーできる距離は約225ヤード〜125ヤードになる。それぞれのクラブ間の距離が約15ヤードほどになる感じかな。他の選手に比べると少し番手間が空いているかもしれない。ただそれはロングアイアンが多少他の選手よりも距離がでているからだと思う。

アイアンの距離は解った。このアイアンの持つ距離はクラブセッティングの中の要である。理由は、どんなセッティングにしようとも、絶対にカバーしなければいけない距離範囲だし、アイアン以外にこの距離範囲をカバーできるクラブがないから。
じゃ、どこでクラブ・セッティングを考えないといけないのか?それはドライバーとアイアンの間の距離、もう一つは最後のアイアンの距離からアプローチの距離。この間をどうするか?これが問題になる距離範囲!そうアイアンという不動の距離範囲をカバーするクラブがあるからこそ、その前後の距離をカバーするクラブが大事になってくると思う。
昔といってもほんと10数年くらい前までは、そんなにこの距離で悩むことはなかったと思う。なぜかというとコースが今ほど長くなかったし、アイアンのロフトも今ほど立ってなく距離もでなかったから。だけどコースの距離が長くなることによってセカンドショット以降で、フェアウェーウッドやユーティリティーでグリーンを狙う必要がでてきたし、アイアンの距離が伸びたせいで、Pw以降の短いクラブでカバーしないといけない距離範囲が広がってしまった。

もちろん理屈としてはカバーしないといけない範囲が広がったなら、そこにクラブをあてがって距離を埋めていけばいいことなんだけど、さすがに14本のクラブ制限があるなかでそれは無理。14本のセッティングを考えると、ドライバーは外せないクラブ。そのドライバーの距離290ヤードからアプローチショットの距離までをカバーするには、2通りの考えがあると思う。
一つは、ドライバーから一番下のウェッジまでの、番手間の距離を全て均等にする。もう一つは、アイアンの前後で、長い方の距離か短い方の距離のどちらかをクラブの補充なしに1本か2本のクラブで距離をコントロールしてカバーすること。

例えば、ちょっと前まで日本をメインでプレーしていたジーブ・ミルカ・シンはオモシロいセッティングをしていた。彼はアイアンは3~Pwで普通だけれど、Pwの下はSw(ロフト53°)一本だけで距離は120ヤードまでをカバーしていた。もちろんバンカーも含めて。その代わりに、ロフト12°のドライバーをバッグに入れて1w,2w(12°),3w,5wと4本のウッドを使い分けていた。これから言えるのは、彼はSwでの距離のコントロールに自信がある一方、ドライバーからアイアンまでの距離の間隔を一定にすることをクラブの本数で埋めることを選択したということ。これはジーブが長いクラブでのコントロールに自信がないというよりも、コントロールが難しい長距離の正確性を確保する為にあえて、本数を増やして、それぞれのクラブがカバーする距離の範囲を狭くしたと考えた方がいいと思う。当時は、ヘンはセッティングだなと思ったものだけど、今考えれば、あれがジーブが世界のツアーで戦ううちに辿り着いたセッティングの答えだったんだね。

また逆の例として。ミケルソンを始めとして米国の選手が最近ロフトの多いウェッジをバッグに入れるようになってきている。例えばロフトが64°のウェッジとか。これは戦うツアーのコースセッティングの傾向によるものだと思うけど、米国の選手は他のツアーの選手よりもPwから下のクラブにセッティングのポイントを置いていると思う。目立つのはPwをアイアンの流れではなくウェッジの流れのクラブでロフトが47°くらいのものを入れている。また、そこから47°52°56°60°というジーブとは全く逆のパターン。短距離の方でクラブ間の距離を均等に埋めてきている。

これは善し悪しではなく、完全に選手の得意な距離レンジに合わせたか、コースセッティングに合わせたものだと思う。

クラブセッティングは自分の得意な距離レンジに合わせるべきか、それともコースでの必要性に合わせるべきか?

長いから続きを…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-05-08 08:40 | Clubs/Equipments | Comments(13)
Commented by hanyuです。 at 2009-05-08 12:00 x
ちょくちょく覗いています。
今回のクラブセッティングに関しては、非常に興味がありますよ。

プロとアマは、基本的に飛距離や考え方が違うのは理解できますし同じ事は出来ませんが、プロはどの様な考え方でセッティングしているか楽しく拝見しています。

まだまだ、続きを楽しみにしています。

また、コース攻略など文章で説明は難しいかとは思いますが、プロ目線の考え方とかを上げて貰ったら楽しいかも・・・
Commented by GON 3 at 2009-05-08 12:55 x
Tiger (セッティング変えない人) VS Mickelson (セッティング変える人)も今回のお題の図式に当てはまるのでしょうか?
物差しを変えない強さと、変えれる強さなのかもしれません。

別のスポーツで言うと、テニスですが・・・、
道具(ラケット)自体は変えることは殆ど無ので、「プレースタイル」をクラブセッティングと置き換えて考えると、 確固たるスタイルを持っている強い選手は、コート種類の違い(ゴルフでのコースの違い)によって、変えることなく、自分の枠組み(物差し)を基準に戦ってるみたいでした。 逆に、日本人選手が外国の慣れない所に試合(4大メジャー)に行くと、その
場のコンディションに合わせようとしすぎて(出来ないのに、器用になろうとして)、自分で潰れていくシーンは過去には多かったですね。

ただ、ゴルフの場合はやはり、違うのかもしれませんが・・・・・
(道具への依存度がスポーツによって違うので・・。)

話が的を外れていたら、申し訳ありません。
3回目のお話も期待しております。
Commented by yoshi_tsukada at 2009-05-08 14:08
ちょうど3回目は、その辺りの話になるのかなと思っていました。自分で書いていても、色々と解ることが多いですね。
Commented by BORI at 2009-05-08 14:13 x
Katuoちゃん、この記事のシリーズ面白いネェ~
非常に興味深い。また続きが楽しみです。
Commented by ハニGT at 2009-05-08 21:57 x
クラブセッティングですが参考にしてます。自分の技量とコースや天候などアマとしてはドライバーとショートホールに使用するクラブウェジとパターは気になります。アイアンは気に入ったものはあまり変えません。プロほどラウンドしませんから距離感に自信ありません。さすがプロですねぇ。でも、距離が長くなればいろんな考え方があるんですねぇ。
ありがとうございます。
Commented by ましまろ at 2009-05-08 23:03 x
プロの場合はロングホールでいかに「4」で上がるかが
重要になってくるのでウェッジ重視になるのかもしれないですね
ジーブの場合はいかに「4」で上がるためのポジションに置けるかと
いう発想のような気がします
Commented by サワディ~カ at 2009-05-08 23:42 x
クラブ選択は、そのクラブで、打てる距離を確実にしておくことを基本でしないといけませんが、アマチュアは、なかなか難しいとおもいますし、古い言葉ですが、アバウトです。私だけかもしれませんが、しかし、いえるのは、この頃は、いかに楽に行けたらと思ってしまい、不得意のアイアンはあまり登場しなくなりました。でも、アイアンをいかに正確にうまくうつのが、かっこいいという感じで、ウッドを使うのはかっこ悪いみたいな、またうしろめたいみたいな雰囲気というのはあるんじゃないですか?あまり飛ばない私は、いかに前に進むかを前提にアイアンは不得意だし、これ以上フォームでもかえられないし、ウッドがとくいなので、、片山晋吾さんみたいにウッドを、いれることにします。ありがとうございました。ゴルフスタイルのジーブ,ミルカシンのセッティングで、LWとありましたが、これは何ですか?
Commented by yoshi_tsukada at 2009-05-08 23:54
ジーブは米国へ行って2年目になってようやくLw(58°)を入れました。抜いたのはずっと使っていた2wです。僕の話は現在の彼のクラブじゃないです、あしからず!
Commented at 2009-05-09 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-09 01:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yoshi_tsukada at 2009-05-09 04:52
やる気になる!っていうとなんか義務っぽいというか無理やりな感じしないですか?僕もつまらない時あります。だけど、そんな時は、少し離れてみたり、逆にたくさん練習してナイスショット打つと自信が戻るし楽しくなります。昔からゴルフは大好きだったし、練習して上手くなるのが楽しくてしょうがなかった。好きなゴルフだから苦労とは思わない、難しいだけ。でも、それを乗り越えられたら、たぶん死ぬほど嬉しいし楽しいと思う。

大好きなゴルフしてるんで、どうしたらやる気になる?という質問の答えはわかりません。自分はやりたい事しかしていないんで。もしバスケをホントに好きでやってるなら、迷いなんてないと思うけどな。

Commented at 2009-05-09 08:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-10 07:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。