「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

KBS TOUR

f0068901_15101455.gif


開幕戦から使い始めた新しいシャフト。細かい機能性だとかはわからないけれど、一発目から気にいって、そのまま使ってます。これを作ったのは、元々今はなき「プレシジョン社」でプロジェクトXを設計した人物とのこと。
新しいシャフトを探してのは、去年使っていたプレシジョン時代のプロジェクトXがもう手に入らなくなったから。同じプロジェクトXでもツルーテンパー社製のものは素材の違いからくるものなのか、どうもしっくりいかない。
そんな折りに出会ったこのシャフト、いい感じです。

細かい性能はよく解らないけれど、ダイナミックゴールドX100(以下、DGX!00)と打ち比べた時は、けっこうハッキリした違いが感じられた。DGX!00はKBSに比べて、インパクト直前でいきなりシャフトの戻りがあり、ボールが捕まりすぎる感じがする。ある意味ヘッドスピードがあるプレーヤーには、KBSに慣れてしまうとDGX!00は怖いシャフトかも。KBSは、それに比べてシャフトの加速が緩やかで安定しているように感じる。これはプレーヤーごとのヘッドスピード領域によっても違ってくるだろうから、一概に僕の感想が当てはまるとは言えないと思うけど、ウッド系の入っているグラファイトシャフトに近い感じなんじゃないかな。

あとサイトを覗いたら、ウェッジ専用のシャフトもあるみたい。機会があったら試してみようと思う。

よくプロは「色々とクラブやらシャフトを試せていいですね!」と言われる。確かにそうだ。いままで自分では、「そうですねぇ、まぁ仕事なんで…」くらいの返事をしていたのだけれど、この前、スシがいい事を言っていた。『プロは、例えればF1の車。時速300kmで走る車には、それなりの精度を持った車じゃないとダメ。』みたいな事を言っていた。確かにそうだ。日本では「弘法筆を選ばず」って諺があるけれど、確かにプロはある程度どんなクラブでも使いこなせる。普段のプライベートだったら、レディースクラブでだってそれなりのスコアでまわってこられると思う。だけどレースになり、300kmで走る時には、ラインを5cmの誤差もなく走れるくらい自分の手足のように動かせる車が必要なんだ。僕らプロは、ただ新しいものを試しているだけじゃなく、そこから一歩も二歩も踏み込んで、自分なりの調整を加えて自分のクラブを作っていく。もちろん製品の性能やクラブに詳しい、メーカー等のスタッフの助けを借りながらね。

久々に逢った気にいったこのシャフト、これからうまく調整していけたらオモシロいかも!?
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-04-27 15:40 | Clubs/Equipments | Comments(2)
Commented by サワディ~カ at 2009-04-29 10:17 x
クラブや、シャフト選択は、フォームとの関連性もあるので、難しいですよね。シャフトを変えても慣れるまで、時間がかかるでしょう?でもうまい人は、クラブに何でもあわせられるんですよね。でもしっくりくるものってあるんですよね。よくわからないけど、プロのドライバーは、フォームも綺麗で、バックスイングで、軽くあげて、クッとちょっともどるんですね。あれがよく飛ぶみそなのかなっと、おもうんですが、自分ではあまり意識ないですか?あまりいうとよくないかな?力んでないしあれは、長年のあみ出した業でしょうね。教えて欲しいですね。よく飛ぶ方法!
それから、アイアンでは不思議なことは、同じく回っている選手はターフが、取れているのに、プロはターフを取らない。アメリカ的なんですか?
払い打ちなんですか?日本は、打ち込め~って主義だからですか?ターフ思いっきりとってますもんね。
Commented by サワディ~カ at 2009-04-29 10:35 x
バンカーショットは今回2回とも素晴らしかったじゃないですか。ピンにちかくて、隅っこでしたのに、ピンそばまでおとして、すごいなあプロの技だとかんじました。練習って大事ですよね。そのサンドの打ったイメージを身体に覚えさせてないとね。偉そうにいいますが、私は、サンドのクラブは、ずっと昔から同じものです。夫の叔父から、譲りうけたブリジストンのREXTARのサンドで、丁度コースでレッスンを受けた時そのクラブで覚えたので、それ以来使っています。ヘッドが重いし、シャフトも長いので、短く持って、出します。変えられませんね。慣れたものって。すいませんな学って