「ほっ」と。キャンペーン

Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

強制休養

腰の痛みと関係あるのかどうかわからないけど、続けて脇腹あたりの痛み、それも激痛に襲われて病院へ駆け込んでしまいました。そしてそのまま入院。なんとか治療をして退院しましたが…まだ痛い。

尿管結石だそうです。

「体外衝撃波結石破砕術」をして楽になりましたが、まだ当分は痛みが不定期にでる可能性があるみたい。今日の深夜便で帰国する予定だけど、機内で痛みがでないことを祈るばかり。

結局、先週からはまともにゴルフができる状態じゃなかったってこと。ちょっと体をやすめよう。

医者は前腹と脇腹の他に、背中側の痛みも何回も確認を取るんだよね。やはり石の位置によっては背中側にも痛みが響くからなのかな?今は体の右の腹部半分は痛みにくるまれている状態です。憂鬱…。
[PR]
by yoshi_tsukada | 2009-01-20 12:01 | Traveler's | Comments(11)
Commented by サワディ~カ at 2009-01-20 13:04 x
やっぱfりただの腰痛ではなかったんですね。夫も中国駐在時代に腎臓結石が尿管に流れ尿管結石になりました。中国は土壌が石灰石が主らしく水も硬水なので、それを常飲していたことも原因で石がたまったようで、もうすごい痛みだったようです。暴れて飛んでといわれたかで幸いに流れてよかったですが。やはり日本に戻ってきてプロのように粉砕術を施してもらいました。ほうれん草なども良くないし、ビールもよくのむか?と聞かれましたが、それは、ないので、環境の変化でしょう。また再発やできやすい体質かも知れいので、普段から水分をよくとりよく排出し、ビールを控える?ことが、予防になるといわれました。夜に石は作られるそうです。寝汗などで水分がなくなり尿が濃縮されるのが悪いみたいです。やはりプロなんかは、水分とっているようで、試合中にあまりトイレにいけないからとそんなにとってないとおもいます。とにかく石が残ってないことを祈っておとなしく帰ってエコーでみたらよくわかるし生活習慣などの傾向から、食事療法や薬剤を考えてくれると思います。そのときドーピングのこともきになりますが、自分の身体を第一に考えてしっかり治してくださいね。今わかってよかったですね。
Commented by サワディ~カ at 2009-01-20 13:17 x
ps、夫が尿管結石になったのが、15年前でしたが、あと病院に2,3回いって、経過を見て今は病院もいってませんが、再発はないですね。でも安心はしないで下さい。そのときの痛みはすごかったといってます。その時に知ったことですが、尿管結石の痛みと出産の痛みと末期がんの痛みは、ほぼ同じだということですよ。痛みは個人差があるとはおもいますが、3つされた人がおられるんですね。すいません。余計なことを。背中側に腎臓があるからだと思います。尿管も2本あるので、おそらく右側の尿管にとまったんでしょうね。水分をしっかりとって安静にして、帰ってくださいね。
Commented by Pukekohi at 2009-01-20 14:29 x
「体外衝撃波結石破砕術」聞いたことがないので、調べちゃいました・・・ 大変そうで痛そうですね。 
今がオフでよかったです。しっかり治して次の戦いに挑んでください!
Commented at 2009-01-20 14:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 成田南 at 2009-01-20 22:17 x
参考にならないかも知れませんが、最近の私の病歴をメモします。

私もこの3年前の早朝に腰周辺の痛みと吐き気で救急車で近くの病院に運んで貰い、即入院。
石ではなく砂状だったので、投薬治療で数日後に退院できました。

翌年の一昨年も夏に腰がダルクなったので同じ病院・医師に見てもらったら
前年同様、石ではなく砂で、その日の午後に、恥かしい話ですが、
尿道から尿管・腎臓に管を通して水分を注入し撹拌させて
浮いた砂を対外に流出させる「施術」で その日に帰宅しました。

石の成分を含む「食べ物」等の不摂取などの「予防策」を医師に聞きましたが、
「水を一日2リットル以上飲むこと」しか言われませんでした。
昨年は 水分摂取と夏場のゴルフを極力回避して予防に努めた積りですが、
今年も夏場は特に疲れすぎない様に注意しようと思っています。

信頼できる泌尿器科の医師を探して下さい。




Commented by フォン at 2009-01-20 23:27 x
暖かいところで元気にゴルフされているのだと思ってました…
半端な痛みではなく相当な苦しみだったとお察しします。
予後のケアや予防も治療の一環ですので、どうかお大事にして下さい!
Commented by 老爺(トミー) at 2009-01-21 11:34 x
原因の一つは「精神的、体力的な過労」ですね。
小生もやりました。その激痛は半端ではありませんでした。ある日尿に混じって小さい小石が出ました。破砕術は受けませんでした。
激痛から1ヶ月位はかかったと記憶します。医者は「ビール飲んで、水飲んで、暇みつけたら縄跳びを・・・」などと言いました。
少し時間をとって「心身に休養を!」って信号でしょう。
慌てないで下さい。
Commented at 2009-01-22 22:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-22 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-01-22 23:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ハノイのすし屋 at 2009-01-24 17:58 x
いや私も同じ尿管結石いわゆる腎臓結石という奴に掛かりました。
命に別状はないけど最も痛い病気だそうです。
一度目は1999年慶応病院に入院して対外衝撃波手術。ちょっとだけ石がでてきましたが。二回目は
のたうちまわる前回にもましての激痛、すし屋の修行を終えた頃の2004年。これはハノイのフランスホスピタルに入院したのですが、
石を解けやすくちらす薬を薬を管でイチモツの先から入れて数日後にまたイチモツの先からピンセットつきに管で石を取るというもの。なんと麻酔せずに。。。痛いのなんのって。その管入れが。。でもこれですごい石の破片がいっきに出てきた。その後は、無事です。
水が原因とも言われますが、僕の分析はストレスと疲労。もうそれから夜通し酒を飲んだり寝不足で遊んだり、止めました!疲れを感じたらできるだけ横になるなどです。それでその後は再発していません。