Golf Traveler! by Yoshinobu TSUKADA

『GAME 52』全英オープン2日目は16:06のスタートでした!

全英オープンでは、予選はスリーサム(3人)、決勝はツーサム(2人)でラウンドをする。そして各組は例えば20組目ならば「GAME 20」などと「ゲーム」と呼ばれる。そしてゴルファーは「PLAYER」と呼ばれる。昔からの名残なのだと思う。よく歴史を勉強をしていないので細かいところまではわかりませんが…。個人的には、こういう呼び方は好きです。ゴルフはゲームだと思うから。それを遊ぶ人はとうぜんプレーヤーである。全英でもそう呼ばれているということは、昔の人達もゴルフはゲームと認識していたのかなと思う。よく「ゴルフはスポーツ」とか「選手はアスリート」だとか言われるのだけれど、ボクはそうは思わない。しかしゲームを勝つために、アスリート的なアプローチをするプレーヤーが現代は増えているし、彼等のアスリート的なゴルフはカッコいいし、威力があるしいいと思う。それもゲームを勝つための方法の一つとして有効だと思う。しかしゴルフというゲームをプレーするには、もっと他の方法もあるというのを知らないといけないと思う。それぞれの能力を生かしたゲームの進め方ってあるはずだから。だって「缶蹴り」とか昔よく遊んだけど、みんな隠れる場所は違うし、狙い方も違うでしょ?足が速いヤツもいたし、隠れるのが上手いヤツもいたし。ゴルフは勝つためにプレーするわけだけれど、じつは勝つ迄のプロセス、また勝つためにプレーするプロセスを楽しむゲームでもあると思う。そして勝つ相手は他人だけでなく自分というゲームでもあるということ。そういう楽しみ方をもっと知らないといけない。そしてその楽しみ方を子供にも大人は教えてあげないと。ゲームと思ってないから、楽しくないし興味ももってくれないのじゃないかな、子供達は。ただゴルフ人口が減ったとか市場が縮小してきたというビジネス的な観点からしかゴルフというゲームをみれないのでは、たぶんホントの解決策は見つからないと思う。だってゲームでしょ。遊びなんだから(笑)楽しくなければ誰がゴルフなんてする?

ボクの夢はサンデーアフタヌーンのラストゲームでプレーするとこ…。

それを楽しみにゴルフしてます。





■  [PR]
# by yoshi_tsukada | 2014-07-26 11:49 | Traveler's | Trackback | Comments(0)

After The Open...



全英オープンが終わった…。

残念だったけれど、これからまた前に進まないといけない。4回目の全英や2回目の全米オープンも目指してみようと思う。他にもプレーしてみたい大きなトーナメントもあるし、それも目指してみようと思う。これからもいま迄と同じようにゴルフに取り組んでいくのだろうと思う。ただ一つ違うのは、これからはより明確に上のレベルを意識して取り組んでいこうと思っている。自分自身も進歩するだろうしできると思っているけれど、たぶん世界の方も同じように進歩するだろう。プロとしてまたメジャーのティーに立つために、そして結果を残すために、いまよりもう少し世界に近づけるようになりたいから。

終わってみて、残念ではあるけれど、意外に自分の中ではスッキリしている。自分なりに準備ができて臨めたというのがあるし、自分のゴルフをだせたという思いがあるからかもしれない。そして4日間プレーできなかったのは自分の実力が足りなかっただけだけれども、ただ今回は少し世界に近づけたようににも感じたんだ。少しだけだけれども希望を手にしてリンクスを去ることができたから、これから前を向いて歩いていけると思う。

まだまだ道のりは長いだろうけど、楽しみが増えたと思って頑張っていこうと思う。




■  [PR]
# by yoshi_tsukada | 2014-07-24 07:23 | Traveler's | Trackback | Comments(2)

PING ツアーレップ

いよいよ2014年シーズンの日本ツアーが国内で始まりました。そしてボクは今年もPINGのクラブでツアーを戦います。そしてボクをはじめツアープレーヤーをサポートするPINGのツアーレップ、今年から新たにもう一人増えました。左にいる「Will Yanagisawa」が新しい仲間です。PINGのレップは男子と女子を掛け持ちするのですが、ウィルは男子専属。ウィルは元々がツアープロでアジアンツアーで僕らは一緒にプレーをしていました。そんな気心がしれた昔の仲間がPINGにレップとして入ってきてくれたのは、プレーヤーとしてはとても心強い。ちなみにウィルはスタンフォード大卒でタイガーのチームメイトでもあったんだ。写真は左からウィル、稲原(クラフトマン)、穂積(パター、ウェッジ担当)。基本男子ツアーにはこの3人がくる。PINGにはもう一人女子担当の浦山君がいるのだけれど、残念ながら一緒に写真を撮る機会がなかなかない…。

プレーヤーも含めたチームPINGを宜しく!

■  [PR]
# by yoshi_tsukada | 2014-04-27 14:31 | 人物 | Trackback | Comments(2)

納豆のある朝ご飯

約一月振りに日本に戻りました。

出発する前から一月は海外で過ごすことになるのは分かっていたけれど、最後の方は少しだけ日本が恋しくなっていた。ホームシックというほどではないけれど、日本の空気に触れたいなと思っていた。日本を出てから、バンコク(タイ)、マニラ(フィリピン)、ハノイ(ベトナム)、ジャカルタ(インドネシア)と巡ってきた。どの国もアジアは刺激的だし、暑いし、時間の流れがとてもゆっくり。やっぱりアジアが好きだなと思う。不思議なことだけど、日本が恋しいと思う反面、アジアが大好きだと感じる。大好きなアジア飯を食べると、同じくらい納豆ご飯の朝食が食べたいと思う。1番好きなのが、納豆、明太子、漬け物、焼き魚、目玉焼きのある和朝食。わさび漬けなんかもあるとなお良いね。でも、納豆を食べながら、ハノイのフォーボー(ボーは牛肉のことです)も食べたいと思ってしまう。アジアを感じるほど日本が恋しく、日本を堪能するほどアジアが恋しくなる。

なんでなのだろう…。

それにしても日本に戻り、朝ご飯を食べると安心する。自分が生まれ育ったご飯が大好きなんだね。

■  [PR]
# by yoshi_tsukada | 2014-04-08 12:33 | 雑談… | Trackback | Comments(0)

リンクスへ再び

2014年、再びリンクス、全英オープンのリンクスへ行けることになった。

前回の全英オープンが2008年のロイヤル・バークデイルだった。あれから「また行きたい!」という気持ちはずっと持ち続けていたけれど、もしかしたら2度と行くことはできないかもしれないという想いもあった。その中で手に入れた3回目のチケット。初めての時のように飛び上がるようなものではないけれど、2度と戻らないと思っていた落とし物を届けてもらったような嬉しさがある。

1回目は2004年のIFQ(現OQS)で予選通過。2回目は2008年のミズノオープン3位に入り権利獲得。そして2014年は再びOQSで予選通過。今回も1回目と同じく、4番目のスポットを4人で争うプレーオフを制して手に入れた。同じプレーオフでも、初めての時と違うのは、冷静にプレーオフを戦えたこと。初めての全英オープンから10年。ツアープロとして積んできた経験が少しは身に付いているのかなと思う。

今年の全英オープンが行われるのはロイヤル・リバプール"Hoylake"と呼ばれるコースである。自分にプレッシャーをかけるつもりはない。もちろん念願のメジャー予選通過は目指す。しかし1番の目的は全英オープンを存分に楽しむこと。ゴルフという「ゲーム」を10年前よりも理解している今だからこそ、今まで以上に全英オープンを楽しめるのではないかと思う。そしてもっと上手くプレーできるような気がする。

7月のリバプールが今から楽しみだ…。



※ IFQ - International Final Qualifying,  OQS - Open Qualifying Series 共に全英オープンの世界各地で行われる海外予選。

■  [PR]
# by yoshi_tsukada | 2014-03-17 05:52 | Traveler's | Trackback | Comments(6)

< 前のページ

次のページ >